49

高野山東京別院について

高野山東京別院は、東京都港区にある寺院です。
      
      

高野山東京別院は

高輪の高台にある、首都における高野山真言宗の拠点となっている寺院。本堂での式となります。
一般葬、大型葬・社葬での利用が主です。公共交通機関から徒歩6分の立地にあり、ご参列の方にも便利な斎場です。認知度も高く参列の方々にお知らせする際に、場所がすぐにお分かり頂けるのも特徴の一つです。

 山門
 
山門
            

高野山東京別院の正式名称は


高野山真言宗総本山金剛峯寺高野山東京別院といい、慶長年間江戸に徳川幕府が開かれた時、高野山の宝門・寿門の学侶方の在番所の寺として、浅草の日輪寺に寄留して開創されました。 明暦元年(1655)芝二本榎の地を下賜され、延宝元年、「高野山江戸在番所高野寺」として建立されました。
                                    本堂
 
本堂        
 

TOP 案内図供花の注文書お問い合わせ → TOP